格安航空券を使って自分で選ぶ自分の旅をすることで自分の価値を高めることが出来る

大手航空会社の運賃の高さは安心料と割り切っている方も多いと思います。実際のところ、格安航空会社(LCC)よりも安全性が高いというデータはありませんが、なんとなく安心感があるのは事実です。でも、「チケットを買いさえすればあとはすべて航空会社が決めたとおり」というのも旅の上級者には物足りないのではありませんか?近年のLCCの躍進を見ると、格安航空券にはデメリットを上回る価値があるように思えます。

■具体的にはどんなデメリットがあるの?
よく知られているのが「乗ること以外のすべてのサービスは別売り」ということです。保険、座席指定、受託手荷物、機内飲食、ブランケット、映画などはオプションです。予約変更ができない、できても多額の手数料が発生するなどのデメリットもあります。

■じゃあ、デメリットを上回る価値って?
ほとんどのサービスがオプションということは、必要なものだけを自分で選べるということです。それにより、自分満足度が高い空の旅を低価格で実現することができます。また、基本的に片道ベースですから、LCCを乗り継いで帰りは別ルートということも可能です。最低滞在日数、最大滞在日数などの縛りもありません。

予約変更にかかる手数料はそれほど神経質になる必要はないかも知れません。よく考えると、一度立てた旅の日程を変更することはめったにありませんよね?キャンセル時に現金での払い戻しがない航空会社もありますが、次回使用できるポイントなどで戻ってくるようです(各会社によって異なりますので事前確認してくださいね)。

■たとえるとバックパック旅行のようなもの
従来の航空会社をパッケージツアーだとすると、LCCはバックパッカーの旅みたいなものです。何が必要なのか、どこにどうやって行くのかを自分で選択できます。大変なこともありますが、慣れるとお仕着せのツアーにはない面白さを感じるようになるかもしれません。

格安航空券を使って自分で選ぶ自分の旅をすることで自分の価値を高めることが出来る

大手航空会社の運賃の高さは安心料と割り切っている方も多いと思います。


Copyright© 2016年3月14日 格安航空券を積極的に利用したくなる無駄遣いを省いていくサイト
http://always-hilary.org All Rights Reserved.